地方創生、地域資源活用、地域ブランド戦略、観光まちづくり、地域活性化、まちおこし

ホーム > コラム・レポート>HANJO連載

HANJO連載コラム -地方創生レポート-

HANJO地域活性化・まちづくりコンサルタント 水津陽子

2016年11月より、電通とイードが運営するITメディア「HANJO」で弊社代表の水津陽子が地方創生先進例などのレポートを連載しています。

通常連載コラム 記事一覧 
シリーズ連載 記事一覧

 

 

シリーズ連載

陶磁器産業イメージ

陶磁器産業シリーズ 
第1回 10年で6割超の市場を失った陶磁器産業(課題編)

詳細はこちら
有田焼カレー

第2回 陶磁器産業復活のシナリオ (解決戦略編)

詳細はこちら
常滑

第3回 陶磁器産業復活のシナリオ (事例・常滑編)

詳細はこちら

 

通常連載コラム一覧

シエナヒルズ

第13回 小売業から観光業へ進出!地元と連携し、新たな観光づくり 〜新感覚体験リゾート「シエナヒルズ」の挑戦〜

日経ビジネスオンラインコラム「着地型観光」
沼島

第12回 
人口400人の離島が生き残り賭ける「着地型観光」
詳細はこちら

山鹿

第11回
年間赤字1億の宿を90日で再生! 大手も手つかずの小規模宿再生術/ワールドリゾートオペレーション
詳細はこちら

日本・富士山・年初イメージ

第10回
2018 観光産業の潮流、押さえておきたい4つの波

日経ビジネスオンラインコラム「着地型観光」
高島市メタセコイア並木

第9回 2017/12/04
地域を“アゲる”観光行政、“サゲる”観光行政

日経ビジネスオンラインコラム「着地型観光」
入間ジョンソンタウン

第8回 2017/7/10
スラムを住みたい街に変えた復興術-ジョンソンタウン編-

日経ビジネスオンラインコラム「着地型観光」
イメージ

第7回 2017/6/1
ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

日経ビジネスオンラインコラム「着地型観光」
多治見市

第6回 2017/5/11
斜陽産業に光! 多治見タイルのコト戦略
女性人気沸騰の産業ミュージアム

日経ビジネスオンラインコラム「着地型観光」
ブリージャーイメージ

第5回 2017/4/7
2017年の旅行業界トレンド「ブリージャー」

日経ビジネスオンラインコラム「着地型観光」
オガール

第4回 2017/3/13
公共工事激減でも建設業が元気なまち

だから別府温泉は復活した! 外国人も殺到する温泉・地獄めぐりの楽しみ方

はりー

第3回 2017/1/26 
インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

長良川温泉温泉活性化レポート

八戸

第2回 2017/1/12 
地方創生の鍵握る地域資源活用 0から1生む朝観光

マイナビニュース温泉活性化連載レポート4由布院編

北海道ガーデン街道

第1回 2016/11/9
何故、日本の〇〇街道は成功しないのか?
詳細

 

水津陽子の連載コラム・新刊本

日経ビジネスオンライン 日本人だけが知らないニッポンの観光地(日経BP社刊) 運営からトラブル解決まで自治会・町内会お役立ちハンドブック

日経ビジネスオンライン 連載コラム「日本人が知らない新ニッポンツーリズム」

2014年3月よりコラムの連載を開始。インバウンド(訪日観光)誘致のマーケティングと戦略を先進事例に探り、テーマとなる日本の資源や地域の可能性と課題を分析。2014年9月第1~11回が「日本人だけが知らないニッポンの観光地」として日経BP社より書籍化されました。

 

地方創生、まちづくりの担い手、地縁団体、自治会・町内会活動活性化本

加入率の低下、活動の担い手不足、活動のマンネリ化に悩む自治会・町内会活性化の講演セミナー・研修を全国で多数手掛ける地域活性化・まちづくりのコンサルタントが規約や会計、地域コーディネート術の基本をまとめました。事例やデータ、トラブル解決のQ&A満載の一冊です。

 

メルマガ 事業成功の方程式 地方創生2015

メルマガ購読・解除 ID: 288752
事業成功の方程式~事業計画の書き方、作り方
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

地域資源を活用した地域ブランド戦略、観光振興やインバウンド(訪日客)誘致、地域協働など、地方創生に関するアイデア・ヒントを日経ビジネスオンライン 連載コラム「日本人が知らない新ニッポンツーリズム」や日経BP社刊「日本人だけが知らないニッポンの観光地」、実業之日本社刊「運営からトラブル解決ま で自治会・町内会お役立ちハンドブック」の著者、地域活性化・まちづくりコンサルタント水津陽子がお届けします。

 

お問合わせ

合同会社フォーティR&C
113-0022 東京都文京区千駄木4-2-22-201
TEL(03)5834-1647 FAX(03)5834-1648

お問合わせフォーム 

※地方自治体の方等、セキュリティ上、フォームがご使用なれない場合は、メールアドレス 宛てにお送りください。その他の方は、フォームからお願いします。営業メールの送信は、固くお断りいたします。